はじめに

「人間の本当の住処は家ではなく道であり、人生とは自分の足で歩くべき旅路である」

ブルース・チャトウィン

ある国や地域について深く実情を知りたいならば、膨大な時間と忍耐が必要です。そしてその一番の方法は、最古の移動手段である己の足を使うことです。

すると、自分の足でゆっくりと進まなければ見えなかったであろう細部への気づきがあるはずです。また、自分でも知らなかった自身の体力や精神力を認識することは、第2の旅、つまり自分自身の内面を知る旅でもあります。

ANDANTES は、このような徒歩による壮大なスロージャーニーをテーマに、数々の長距離歩行ルートで世界的に良く知られ信奉されるサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を紹介します。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路が人々に愛されるのは、終着地への神聖な道として、千年の歴史を超えて存続しているからです。この点は、自然や景観が豊かな他のハイキングルートとは異なります。

サンティアゴ巡礼は現在も人気があり、その宗教的な起源を超えて、内省、自己成長、人との出会いをもたらすルートとして、あらゆる人々に開かれています。

ANDANTESでは、35年以上のカミノ・デ・サンティアゴを旅してきた私たちの日々の経験をもとに、巡礼路のすべてを心身共に楽しんでいただけるよう努力しています。

それを表わすイラストが、遍歴の騎士ドン・キホーテとその賢明な従者サンチョ・パンサです。2人は、想像力に満ち溢れた理想主義と、常に地に足をつけた現実主義という、旅路に必要な2つの鍵を象徴しています。